Check

最終更新日2021/02/16

「Check」特別号
「NMOSDと呼吸器感染症」

感染症の予防と対策

感染症にかからないように、
よい生活習慣で体調を管理しましょう
  1. 無理をしない
  2. 疲れを感じたら十分な休息をとる
  3. 睡眠を十分にとる
  4. 規則正しい生活を送る
規則正しい生活
外出する時は

マスクをして、人ごみをなるべく避けましょう

外出から帰ってきたら

すぐに「手洗い」と「うがい」をしましょう

おうちにいる時は

お部屋が乾燥していたら加湿器を利用しましょう

部屋が乾燥するとウイルスが飛びやすくなるので、加湿器を使って乾燥対策を行いましょう。
乾燥すると、のどや鼻の粘膜の機能が低下してインフルエンザなどにかかりやすくなってしまいます。
正しい手の洗い方
手洗いの
前に
・爪は短く切っておきましょう
・時計や指輪は外しておきましょう
手洗い1流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
手洗い2手の甲をのばすようにこすります。
手洗い3指先・爪の間を念入りにこすります。
手洗い4指の間を洗います。
手洗い5親指と手のひらをねじり洗いします。
手洗い6手首も忘れずに洗います。
石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。

「季節性インフルエンザ 啓発ツール」(厚生労働省)
(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/keihatu.html)を加工して作成(閲覧日:2021/01/12)

少しでも体調の変化を感じたら、
すぐに主治医に相談しましょう。

◀︎ 前ページ:
「感染症」に気をつけましょう