Check

NMOSDと生きる

NMOSDという病気のこと、病気や治療との向き合い方などをご紹介します。


Vol.5病気と共に生きる皆さんに届けたい。私たち看護師の想い

監修:
医療法人セレス さっぽろ神経内科病院 看護部長 西山和子 先生

今回は、長年神経難病の患者さんのケアに携わってきた、西山先生の視神経脊髄炎スペクトラム障害(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders: NMOSD)の患者さんとご家族に寄せたメッセージをご紹介します。看護師の方はどのような想いで患者さんと向き合い、ケアをされているのでしょうか。患者さんやご家族の皆さんに看護師の方からの想いを届けます。

「NMOSDと共に生きる皆さんとご家族の方へ」

私は北海道で看護師をしています。縁あって神経内科病院に入職したことから神経難病の看護に携わるようになり、もう37年になります。もともとこの領域に詳しかったわけではなく、入職して初めて神経難病という病気があることを知ったほどです。外科での看護経験が長かったので、「治らない病気とは一体どういうことだろう」と驚きました。

続きを読む →